HOME 事業概要 日本語教室
パソコン教室
交流事業 地域支援事業
その他の事業
相談事業 問い合せ
アクセス
地域支援事業
関係自治体連絡会

関係自治体連絡会の開催

北海道における帰国者の居住地は札幌に集中しており、その他の市区町村では居住者が少ないために支援策に対する関心が薄い状況にあります。このため、センターでは北海道と連携を図って関係市町村等連絡会議を開催します(年1回)

連絡会議
ボランティア研修会

ボランティア研修会の開催

      

帰国者を支援するボランティアさんや、その他の支援者、関係者を対象に帰国者問題をより理解し支援に活かしてもらうための研修会を実施します

〜これまで開催した研修会〜

       
  • 2008年3月23日  「帰国者の現状と新たな支援策について」          
  • 2008年11月30日 「これからの帰国者支援を考える」          
  • 2009年11月8日  「地域社会における支援と交流のありかたについて」          
  • 2010年11月21日 「これからの中国帰国者支援を考える」          
  • 2011年12月11日 「帰国者の子どもたちの進路保障について」          
  • 2013年12月23日 「地域における日本語教育の可能性と醍醐味」
  • 2014年9月28日  「帰国者の話す日本語について考える」
  • 2015年11月24日 「帰国者:歴史の問題と今日の多文化共生へ提言すること」
  • 2016年11月22日 旭川市ミニ研修「満蒙開拓に関する研修と帰国者による体験談発表」
  • 2016年11月26日 「中国・樺太帰国者を知る集い」

2012年  厚生労働省主催
中国帰国者等への理解を深めるシンポジウムが北海道で開催されました

演劇 パネルディスカッション

NPO法人劇団道化による、中国帰国者をモデルにした「吉林食堂〜おはぎの美味しい中華料理店」の上演と、大谷昭宏氏をコーディネーターに迎えパネルディスカッション「中国及び樺太からの帰国者の現在・過去・未来」が行われました

長年にわたり帰国者を支援してこられた方や、ボランティアさんなど約400名が参加しました

シンポジウムの終わりに、北海道中国帰国者支援・交流センターの文化活動教室「みんなで歌おう」で歌を練習している帰国者がステージで日頃の成果を発表しました

舞台
※このため、2012年度については北海道中国帰国者支援・交流センター主催によるボランティア研修会は実施しませんでしたが、日本語教室でお手伝い頂いているボランティアさんに向け、当センター職員によるミニ研修を数回行いました。
自治体による日本語教室への支援
2012年、旭川市が開催している日本語教室への支援も兼ねて、帰国者と地域の方の「おしゃべり交流会」を開催しました旭川の交流会

参加ボランティアさんからは、「このような機会を積み重ねていけば、何か出来る事があるとおもう」、「これからも良い関係を続けられるように願う」などのご意見も頂戴しました

旭川の交流会旭川市の「おしゃべり交流会」は、継続実施中です

−−−自治体による帰国者のための日本語教室を支援します−−−

平成22年度は旭川市の日本語教室開催に向け、センターの出前日本語講座を開催しました

平成23年8月までの期間を中国帰国者支援・交流センターの出前日本語講座とし、その後は旭川市による日本語教室へと移行しました

自治体が帰国者向け日本語教室を開催する際、必要であれば中国帰国者支援・交流センターが支援いたします

パネルの貸出

自治体等が「地域住民に対する普及啓発事業」を実施する際に使用できるパネルの貸出を行っています
ご利用については北海道中国帰国者支援・交流センターまでお問い合わせください

サンプル


実物はA1版です

地域生活支援推進事業
                
地域における支援の推進
帰国者の安心を支えるため、地域での支援を進めています
平成28年度 札幌市厚別地区でのモデル事業を昨年に引き続き実施します
旭川市ではボランティアさんと帰国者の交流活動が活発に行われています
稚内市でも帰国者を地域で支えるための活動を継続していきます
                   
平成28年度
札幌市厚別区のNPO法人によるモデル事業 介護予防のためのわくわく運動&茶サロン
  •  4月17日  厚別区の帰国者 9名 支援者等13名
  •  5月21日  厚別区の帰国者13名 支援者等10名
  •  6月26日  厚別区の帰国者13名 支援者等9名
  •  7月24日  厚別区の帰国者15名 支援者等7名
  •  8月28日  厚別区の帰国者25名 支援者等4名
  •  9月18日  厚別区の帰国者15名 支援者等5名
  • 10月30日  厚別区の帰国者14名 支援者等10名
  • 10月19日  手稲区の帰国者 6名 支援者等2名
  • 11月23日  手稲区の帰国者 5名 支援者等7名
  • 11月27日  厚別区の帰国者 8名 支援者等11名
ラダ―ウォーキングの実践中 

地域での実施事業(旭川)
  •  5月24日 おしゃべり交流会in北邦野草園 旭川の帰国者5名 地域の支援者5名
  •  7月28日 おしゃべり交流会 旭川の帰国者3名 地域の支援者6名
  •  10月6日 おしゃべり交流会 旭川の帰国者1名 地域の支援者7名
 
地域での実施事業 (稚内)
  •  6月23日 礼文島の歴史と生活を知る見学会 稚内の帰国者6名 地域の支援者1名           
  •  10月19日 日本の食文化を学ぶ会      稚内の帰国者8名 地域の支援者2名
普及啓発事業

中国帰国者、樺太帰国者への理解を深める普及啓発事業の実施


平成28年度 「中国・樺太帰国者を知る集い」
  • 11月26日 札幌市 かでるホールにおいて実施 

一般参加者103名 帰国者も含めると189名の方たちがご参加下さいました

第1部では「帰国者の歴史と現状」と題したスライドを上映し
樺太帰国者の方たちが帰国後体験した文化や習慣の違いを創作劇にして演じました
また、中国舞踊やロシアのダンス等も紹介されました

第2部では日本語教室の受講生が日頃の成果を発表しました
参加した方の中には
「自分は樺太引揚者ですが、まだ残っている人がいたとは知りませんでした」という方や
「成人してからの語学習得の難しさを知りました」と感想を寄せて下さった方もいました

残留邦人については「何となくしか知らなかった」「全く知らなかった」というアンケート結果もあり、普及啓発の必要性が改めて浮かび上がりました

平成22年度 中国帰国者等生活ニーズ調査について

今後の帰国者支援に何が必要かを知るために、平成22年9月1日〜10月31日にかけて、調査員による訪問調査を行いました

普段はなかなかお会いする事が出来ない、道内各地のみなさまに貴重なご意見をいただくことができました

この調査により、札幌から離れた地域の帰国者には定期的な訪問が必要であると感じたため、平成23年度から相談員による家庭訪問が始まりました


平成22年度 中国帰国者等生活ニーズ調査 報告書

こちらからご覧いただけます